読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

728プロ事務所(アイマスセッション side Osaka)

728プロのイベント告知や、P達がそれぞれに思いの丈を綴ったり叫んだりオギャったり。

アイマスを好きになったきっかけsideマルクマス

マルクマス


みなさん、はいさーい!!

728PROキーボードスタッフのマルクマスです(*´-`)


いよいよアイマスセッション3週間前ですね!



上限も解放されたので、みなさんもじゃんじゃん参加してくださいねー!




728PROのみんながアイマスを好きになったきっかけをどんどん書いていっているみたいなので、僕もちょっと書いていきたいと思います!



僕が「アイマス」を知るようになったきっかけは、ニコニコ動画です。


その頃は2007年ぐらいだったのですが、組曲ニコニコ動画 」や「ニコニコ動画流星群」や、「七色のニコニコ動画」といったメドレー作品を見るのが好きで、その中に「エージェント夜を往く 」(当時はとかちで人気がありました)や、てってってーなどは知っていました。


他にもKOTOKOの「Princess Bride!」に合わせたPVなどを見てたり、当時からアイマスに触れる機会は多かったように感じます。


しかしそのときはキャラの名前すら分からず、「なんかはやってるんやなー」といった感じでした。笑


また、そのときにテレビをつけると「アイマス」のアニメがやってたのですが、それがゼノグラシアで、「アイマスってロボットアニメだったのか。。。」と謎の勘違いをしていましたw



そして時は流れて2011年。

A1のアイマスのアニメもしていることすら知らず、モバゲーにはまってた頃、何か新しいゲームはないかなぁと探していたころ、


なんと、あのアイマスがモバゲーでできるんじゃないですか?!!!



アイマスに触れたこともあって、ちょっと興味をもっていた僕はさっそくモバマスを始めました。



最初は「あれ?アイマスなのにニコニコにいてたとかちとかいないなぁ」とか、「渋谷凛ってなんかえらそうやなw」とか「ヘレンって人これはアイドルなのか?!」とか、思っていましたが、


どんどんハマっていって、そのうちイベントのSR(流石に上位報酬ではないですがw) も手に入れられるようになって、かなり楽しんでいましたね(*´-`)



そのときのお気に入りは喜多見柚ちゃんと、喜多日菜子ちゃんと大槻唯ちゃんで、どれも苦労して入手したSRアイドルで、絵柄のかわいさにやられていましたw



そんな感じだったのですが、パスドラにハマったり、実習や軽音楽部の活動が忙しくなったりして、1年半ぐらいでモバマスはフェイドアウトすることに。。。




それから約半年後。。。


僕は大学時代、某アニミティキーボーディストの家に転がり込んでいたのですが、そんときに彼がアイマスを好きでビデオ屋さんで借りてよく見ていました。


最初僕はあんまり興味なかったのですが、見ているうちに、かわいいキャラやライブでキラキラしてる様子に惹かれて、いつの間にか一緒に楽しんでアニマスを見ていました!笑



その時期が奇しくも劇場版の2ヶ月ほど前の時期で、そこから劇場版で一気に熱が上がり(劇場版はリマスターも含めて3回見にいきましたw)


アイマス2もやりはじめたり、




4月から働き始めたときは、一日の疲れを「ぷちます!!」で癒され。



アイマスのSSを漁り


初任給でPS3を買い。


休日にはアイマスのBDを揃え、



一番くじを買い、



OFAにハマり



アイステ+ではらぬーにニヤニヤしたり



着実にアイマス沼にハマっていきましたw






それから劇場版打ち上げイベントに行って、



そこで発表されて10thいくことを決意して、



10thでめちゃめちゃ感動して。



シンデレラのアニメにもハマって、



バンドでアイマスの曲をできるようになって、



3rdで感動して。



アニミティでアイマスが大好きな大切な仲間と出会って。



そんな仲間とアイマスセッション一緒に始めて。




どんどん自分の中のアイマスの世界が広がっていって、どんどんアイマスが好きになっていきました。





こんな感じでアイマスを知ったのは古いですが、ハマったのは最近。でもモバマス(デレ)はかなり昔からやっているという自分でもよく分からない経歴になっていますw





最初はちょっと気になるってぐらいだったアイマスが、今ではいろんな人たちと出逢うことができたり、いろんなことができる本当に大切なものになっています。






アイマスの魅力は、なんといっても一人ひとりが個性的で、可愛くて、そしてキラキラしている。そんなところに僕は惹かれたのだと思います。





まだまだプロデューサーとしては半人前ですが、これからもアイマスセッションや、アニミティなどを通じて、アイマスの魅力を伝えていければなぁと思っています。




アイマス最高!!