読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

728プロ事務所(アイマスセッション side Osaka)

728プロのイベント告知や、P達がそれぞれに思いの丈を綴ったり叫んだりオギャったり。

アイマスを好きになったキッカケ

かずのり

728プロのかずのりです。

アイマスとの出逢いは人の数だけあるもので
僕はそんなキッカケ話をたまに聴いたりするのが好きだったりします。

そしてせっかくなので
たまには僕のキッカケ話も語ってみたりしようかと。

僕がアイマスを認知したのは割りと初期からでした。

僕は昔ゲームばかりしてたので
古本市場なんかによく足を運んでました。

そこでXbox360のソフト「THE IDOLM@STER」が
お店に並んでるのをよく見かけてたので
アイマスは知ってはいました。

でもその当時は
「ギャルゲーかよ」
なんて批判的な目でしか見てなかったという。

「もっとマシなソフト出せよ360よ」
なんてよく弟と言ってたり。

昔の自分よ・・・愚かな・・・

まあ当然アイマスのことをよく知ろうともしてなかったので
曲を聴いたりすることもなく。
(曲が出てることも知らなかった)

そしてアイマスへの偏見は数年続く。

そして2010年ごろか
挫折続きのギターに再燃してたころ
いろんなアニソンに興味を持つようになりました。

そしてカッコイイアニソンを練習したくて
「女性 カッコイイ曲 アニソン 」
なんてキーワードで検索を掛けたのを覚えてます。

そして出て来たニコニコ動画によくある
いろんな曲をまとめた作業用動画。

そこには妖精帝國川田まみKOTOKO
彩音栗林みな実など
なんとも惚れまくりな声の持ち主の素晴らしい曲ばかりでありました( ˘ω˘)

懐かしや。

そしてそこにアイマスの曲もありました。

「relations」

聴き始めてすぐイントロのギターに惚れ
千早の声に惚れました。

その瞬間過去の自分を恥じましたよ。

もう衝撃的すぎて・・・

アイマス馬鹿にしてごめんなさい」と。

(ちなみにその頃はまだ春香のことはよく知らず
千早が好きだった)

そして同じ動画に
「オーバーマスター」もありました。

貴音のカッコイイ声に惚れました。

純粋にカッコイイ。

アイマスすげー・・・」と。

そしてベタ惚れしたその2曲をギターで練習しとりました。

ただそれからすぐアイマスにハマったわけではなく
当時はアイマスのカッコイイ曲しか興味がありませんでした。

そしてしばらくして2011年にアニマスが始まりましたが
特に観てませんでした。

だが弟が観たようで
ある時に
アイマスええぞ」
なんて言うものだから
興味持って一緒に亜美真美回を観たんですよ。

その時は
「普通におもろい」
という印象。

そしてまた同時期に弟が
アイマス声優陣のニコ生やるから観ようぜ」
なんて言うから気になって観ちゃったじゃないか。

アイマス特番『夏だ!1番、アイドルマスター祭り』
というものを。

↓感想ブログを見つけたのでご紹介

ultimei.hatenablog.com

そしたらみんな浴衣着ててカワイイし
トークもおもろくてびっくりしましたよ。

魅力的な人達やなと。

そこで神に惚れる。

(そこでガミPと中川P、ブンケイPも知る)

それがキッカケでアイマスの声優さんを好きになって
アニマスも気になりだしたんすね。

そして1話から観ていき
いつの間にかアイマスが大好きになっていたという。

アニマス観てるだけだったら
こんなに好きにはなってなかったかもしれませんね。

765プロの人間関係を体現してるアイマス声優さん達に
僕は憧れを持っております。

そしてそれを眺めてて幸せでございます。

僕にとってはそんな声優さんたちがあってのアイマスです。

声優さんたちだけじゃなく
制作陣の想い、ファンの想い、
それを聴いたり眺めたりしていて幸せな気持ちに何度もさせていただいた。

アイマスを支えてるのは間違いなく「人の想い」だと
何度も実感させられます。

それを実感できたことが
アイマスを好きになったキッカケなんだろうなと思います。

曲を聴いてるだけでは知り得なかったな~と思いますね。

まあ直接的なキッカケは
アニマスアイマス特番を観るキッカケを作ってくれた弟ですね。

弟よ、アイマスを教えてくれてありがとう。

 

728プロ かずのり